完全個別指導 (東京都 神奈川 埼玉県) 地域1番の面倒見 学習塾 武蔵学院  創育ゼミナール

教材

 一人ひとりに合わせた魅力的な教材


画像の説明

 教材と個別指導の価値

  ■ 武蔵学院では完全個別指導の骨組みには教材はとても大きな

    役割があります。

   武蔵学院は単なる個別指導ではありません。

   それでは骨組みは

   ① 担当講師制からわからない所をわかるまで指導。

   ② 264段階の学習法の習得

   ③ 教室長講座(シナプス)の面倒見

   ④ 家庭学習スパイラル自立学習教材


   学力向上
画像の説明個別画像の説明


  ■ 生徒一人ひとりのカリキュラムに欠かせないのが

   教材です。こども達は千差万別・十人十色の

   吸収力も接し方も違います。

   当然、同じ学年の科目でも指導と学習法・ペース・内容は

   異なるのが当然です。ならば、教材や指導が同じ一斉授業は

   どれほどの価値があるのでしょうか?


   8名~15名のクラス編成で黒板を使用して解かるのならば

   学校の授業で集中できるという事です。

   同じ内容と同じ教材で決められた曜日・時間帯に集められ

   ついて行けなければクラスを落とされ内容も自信もつくのでしょうか

   その事を気づき始めたから全国的に個別指導塾がとても

   増えたのが現実ではないのでしょうか?

 武蔵学院 創育ゼミナールの年間カリキュラムはこちらか


  ■ 小学生

  小学3年国語  小学3年算数

  小学4年国語  小学4年算数

  小学5年国語  小学5年算数  小学5年理科  小学5年社会

  小学6年国語  小学6年算数  小学6年理科  小学6年社会

  ■ 中学受験

  受験小学3年  受験小学4年  受験小学5年  受験小学6年

  ■ 中学生

  中1国語  中1数学  中1英語  中1理科  中1社会

  中2国語  中2数学  中2英語  中2理科  中2社会

  中3国語  中3数学  中3英語  中3理科  中3社会

  ■ 高校生

  高校国語  高校数学  高校英語  高校理科  高校社会


 本物志向の個別指導

  ■ 武蔵学院の理念=学ぶ事の楽しさです。

    知りたい・得たいと言う願望は『生きる力』です。

    こども達も大人でも自分自身が自発的に知りたいと言う

    気持ちから学んだ時に吸収力が格段に上がる事を

    保護者の方は知っていると思います。


    そうです。言われるがままに宿題や課題をこなしても

    何も楽しくはありません。身につきません。

    でも、『なぜ・何のために・何を・どの様に』と言う

    気づきの指導は手間も時間も掛かるのでしょう。


    そして、授業時間以上にその子と対話をすることは

    多くの生徒を抱えては出来るものではありません。

    なおさら、授業カリキュラムと家庭学習のトレーニング

    一人ひとりに合わせた教材に何時の時間にどの様な方法で

    学習をするのかに対話を持って指導することは無帽とも言えます。


    ならば、武蔵学院が実現します。なぜなら、こども達が

    抱えている問題とは単に一つの方程式の解き方ではないからです。

    その場の問題を指導するだけなら誰でも出来ると断言します。

    こども達はその場の問題をわかった後にどの様に見に付けるのかを

    知らないから各教科に苦戦をしているだけです。


 重要な事は膨大な量と教材から自分に合った教材

    学力向上

    重要な事はスパイラル学習です。

    学校・家庭・塾をつながりとして結ぶ教材が明確になれば

    仕組み・プロセス・つながりとしたスパイラル学習がスタートします。

    それだけ教材と言う者は重要な位置づけです。

    全ての科目に学習方法と教材の活用法が存在します。

    ほんの少しの学習法の認識と予定が明確に成れば

    曖昧な期待をせず会員生と接するだけです。

    だから、努力行動に褒めた指導を中心にします。


    努力を認められるから楽しくなる。

    楽しくなるから学んでいける。

    具体的に何をすれば良いのかを知っているから頑張れる

    頑張った努力に結果が出るから楽しくなる。

    自分に合った内容を行うから楽しくなる。

    こんな単純な行動に期待を持って接するのが武蔵学院です。



    画像の説明

 学年別・科目別の教材の役割を知ろう。

 一つ一つの教材がどの様な目的か大解剖

  ■ 教材の役割と使用法を知ることは学習法の重要な位置づけです。

    自分の持っている教材をどの様に使用すれば良いのかを知らなくては

    辛くなるだけです。

    

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional